赤ちゃんの抱っこひもの選び方!経験談からのオススメも紹介!

スポンサーリンク
子育て情報

これから新しい家族を迎えるママさん、抱っこひもってたくさん種類があって、結局どれがいいか迷ってしまいますよね。

今回は抱っこひもの重要性や、購入の際の選び方、オススメ商品の紹介もします!

抱っこひも選びに悩まれている方は、参考になさってくださいね~!

抱っこひもの重要性

赤ちゃん用品って取り揃えるのにすっごくお金が掛かりますよね(^^;)

あくまでも個人的な見解ですが・・・一番お金の掛かるチャイルドシートや、ベビーベッドを知り合いの方や兄弟の方から譲ってもらい、お金に余裕がある方はぜひ抱っこひもにお金をかけて欲しいと思っています。

 

《抱っこひものメリット》

・ママにひっついてくれているので常に様子をうかがえる
・ママの腕力を使わずとも、ず~っと抱っこし続けてあげられる
・ママの体への負担が極力少なくて済む
・ベビーカーを押せないようなところでも、赤ちゃんを連れていける。
・ママの両手が空くので赤ちゃんを抱っこしながら、なにか作業ができる。
・夜寝ない時に抱っこして上げると寝てくれる。

など、とにかくママを助けてくれるお役立ちアイテムなんです!

抱っこひもは早めに準備した方がいい!

抱っこひもを購入する予定があるならば、お腹が大きくなる前・もしくは出産後お腹が小さくなってからの購入をオススメします。

最近の抱っこひもは、体全体の負担を減らす為にウエストか腰に、大きなベルト巻いて、子供を支える土台を作り、その土台に赤ちゃんを乗せて、赤ちゃんの体全体を覆ように抱っひもを装着します。

その為、お腹が大きくなってからだと抱っこひもをちゃんと試着できないからです。

私自身も、抱っこひもを購入したのは産後3ヶ月ほど経ってからやっと購入しました(^^;)

 

 

産後よりも産前に用意した方がいい理由としては、

・産後はママの体への負担が大きく動けないので、産後すぐに用意しようと思ってもすぐに買いに行けない

・いくら軽い赤ちゃんでもずーっと持ち続けるには限度があるので、使いたいと思った時に手元にある様にした方がいい!

といった理由が挙げられます。

赤ちゃんの気持ちとママの体力

赤ちゃんはママが大好きで、片時も離れたくありません。赤ちゃんにとって「ママに抱っこされている」という感覚はなによりも安心できるものなのです。

ママもできる限りは我が子を抱っこしていたいものですが、軽々と我が子を抱っこできるのは生後2ヶ月あたりまでです。

 

生まれたてはガリガリだった赤ちゃんは急激な成長を始め、一気に肉付きが良くなります!生後3ヶ月ほどするとぷっくりと太り、赤ちゃんらしい体型に成長します。

ぷっくりとした赤ちゃんはとってもかわいいのですが、この頃になるとママの腕力で赤ちゃんをずっと抱っこし続けることに限界がきます。

 

無理に抱っこし続けると、ママの体に負担が掛かり、肩や腰を痛めてしまう原因になります。
こうなると赤ちゃんのお世話も出来なくなりますし、悪循環を迎えます(^^;)

 

抱っこひもはママの体に極力負担が掛からないように考えられていますし、なによりも変な筋肉を使わずにずっと抱っこし続けてあげられるので、ママにも赤ちゃんにも大助かりなアイテムなんです!

抱っこ紐の選び方

赤ちゃん用品のお店に行くと色んな値段の、しかもたくさんのメーカーから様々な種類の抱っこ紐が発売されているのを目にしたと思います。

こうした中から選ぶのは非常に悩んでしましますよね。

 

では、一体なにを基準に抱っこ紐を選べばいいのか?

 

メーカーや、値段など選ぶ基準はありますが、私個人的にオススメする選び方は実際に試着して赤ちゃん(ダミー人形でもOK)を抱っこしてみる事だと思います。

 

試着した時にチェックするポイントはこちら

・1人1人違うママの体型に合っている抱っこ紐なのか?
※特に、スリムな方・小柄な方でもしっかりとウエストが締まる商品なのか確認してください。製品によってはスリムな方・小柄な方にとっては少し大きい抱っこ紐もあります。

 

赤ちゃん(ダミー人形)を持ちながら、装着がすんなりとできるものか?
※抱っこ紐によって装着の仕方がそれぞれ違います。ママの腕の長さや、手の大きさもそれぞれ違いますから、赤ちゃんを持ちながら自分がすんなりと装着できる物を選んでください。装着するのにイライラを感じる物では、赤ちゃんを抱っこした時その2倍あわあわイライラします!

 

赤ちゃんが寝ている環境はベッドなのか?お布団なのか?
※これも装着に関してですが、抱っこ紐の製品によってはベッドがあること前提で装着をすることが想定されているものがあります。ご自宅の赤ちゃんが寝ている環境はベッドですか?お布団ですか?

 

・通気性のあるメッシュ生地か?
※抱っこ紐については夏涼しいかどうかに重きをおいてください。赤ちゃんは夏びしょびしょになるぐらいとにかく汗をかきます!冬について考えなくてよいのは、冬はそもそもあまりお外にいきませんし、寒ければ厚着するなどいくらでも温かくすることができます。

 

その他選ぶ基準としては

・パパが装着することを想定して、男性が付けても良さそうなデザイン

なども言われますが・・・ここは夫婦で話し合いの所ですね。

 

私が思うに、一番大切な事は『ママが一番使いやすい 』と言うことだと思います!

実際に装着してみないと使い勝手は分かりませんから、少し面倒でもお店に行って試着をしてください。

口コミや、評価などは参考程度になさっていただけると自分にぴったりの抱っこ紐を選ぶことが出来ると思いますよ♪

オススメの抱っこ紐

ここまで、抱っこ紐の選ぶ基準について書きましたが、私自身どの抱っこ紐を選んだかと言いますと。

エルゴベビーベビーキャリア オムニ360 クールエア(ERGOBABY OMNI360 cool air)にしました。

\オススメの抱っこ紐/

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\ママ割エントリーでP3倍/ 【豪華特典付き】 Ergobaby エルゴベビー …
価格:31900円(税込、送料無料) (2020/9/9時点)

楽天で購入

 

 

エルゴベビーは抱っこ紐でも一番高い製品だと思います。しかし、高いお金を払ってでもいい!と思える商品でした。

私も出来れば価格が安い抱っこ紐なら良かったのですが・・・私自身、身長が低く、小柄な傾向の体型の為、抱っこ紐が上手く体に合わずそもそも選択肢が狭く、また他の抱っこ紐よりもエルゴの方が装着しやすいと感じました。

チャイルドシートや、ベビーカーを譲ってもらい浮いたお金があったので、高い抱っこ紐だったのですが、思い切って購入しました。

 

購入当時よりも子供が大きく成長しましたが、やはり高いお金を払って良かったと今でも感じています。

私の場合ですが、非常に使用頻度の高いアイテムだと感じているので、「なんでもいいや!」という選び方は後々体への負担か大きくなるので、やめた方がいいと思っています。

 

 

これから抱っこ紐の購入を考えていらっしゃるママさん、ご参考になさってくださいね~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました